​フレキシブル 80A

Flexible 80A

2020年7月、クリアになって新登場。ショアデュロメータ80Aのゴムと同等の硬度で、曲げや圧縮が必要な場面に利用できます。ウェアラブルなコンシューマー用品や、ハンドル、グリップなどの試作に最適です。

対応プリンター

Form3

Form 3

Form2

Form 2

対応タンク 

レジンタンク Form3

レジンタンクForm 3 V2

レジンタンクLT

レジンタンクLT

フレキシブル80Aは、ゴムやTPUを模した柔軟性のあるかためのレジンです。曲げや圧縮に強く、繰り返し曲げることが可能です。

 

名前の「80A」は素材のショアデュロメターを表しています。より柔軟な素材が必要な場合は、「エラスティック50A」をお試しください。

 

フレキシブル80Aレジンは、従来のフレキシブルレジンを改質したもので、より高度な機械的特性を備え、色味を新たにリリースされました。

 

100ミクロンと50ミクロンの造形ピッチに対応、二次硬化必須のレジンとなります。

Form 2でのご使用には、レジンタンクLTをご用意ください。

Form 3のご使用には、レジンタンクV1、V2共にご利用可能です。

 

※従来のフレキシブルレジン(色味グレー)とは互換性がございません。レジンタンクは別途ご用意ください。

「フレキシブルレジン」・「フレキシブル80Aレジン」・「エラスティック50Aレジン」それぞれの特性と選択に関して

従来のゴムライクレジン。色味はグレーです。

従来のフレキシブルレジンより、プリント性向上、サポートタッチポイントは3分の1近くに縮小、硬化時間半減に加え、引き裂けにくさは1.5倍に。さらに色味がクリアになったことで、より多用途に使用可能に。

<こんなときにおすすめ>

  • ゴムに似た質感のプロトタイプに

  • 繰り返し曲げたり、圧力がかかるパーツに

  • ショアデュロメター80A程度の柔軟性を求める場合

Formlabsの材料ライブラリの中で最も柔らかく、伸び縮みしやすいレジンです。

シリコンに近い質感で、クリアな見た目から、機械工学や医療(生体適合性はありません)分野で活用されているレジンです。

※旧名称エラスティックレジン(名称変更のみにつき性能の更新はありません)

<こんなときにおすすめ>

  • シリコンに近い質感のプロトタイプに

  • クッション性が必要なパーツに

  • ショアデュロメター50A程度の柔軟性を求める場合に

Flexible 80A Resinを使う

​Flexible 80A Resinは、ゴムの弾力性を模倣した、堅く弾力性のあるパーツのプリント用として設計された弾性レジンです。Flexible 80A Resinを使ってプリントする時は、積層ピッチを50ミクロンまたは100ミクロンに設定してください。

推奨される用途:

  • ソフトタッチで感触の良いプロトタイプ

  • シールやガスケット

  • 消費者向け製品やウェアラブル

  • 医療機器や解剖模型

  • 撮影用小道具やモデル製作

不向きな用途:

  • 伸縮性の高い素材のシミュレーション

  • 非常に細かい特徴や薄い壁

  • すぐに跳ね返る必要がある反発力のあるパーツ

アセット 2_2x.png