3Dプリンターのスペックの意味とは、3Dプリンタースペックの神聖化について


今回はJon Bryant(Formlabs カスタマーチーム長)が、何百という業界プロと仕事をしてきた自らの経験から、3Dプリンターソリューションの正しい評価軸のあり方について書かせて頂きます。

この記事に書かれていることは3Dプリンターを理解する上で一番難しい部分になります。私自身も最初、切削機の感覚で3Dプリンターのスペックを読んでいたのでとても混乱したのを覚えています。もし少しでもわからないところがありましたらご遠慮なくお問い合わせ下さい。

※原文筆者:Jon Bryant(Formlabs カスタマーチーム長)

原文:https://formlabs.com/blog/demystifying-3d-printer-specifications/

2014年に3Dプリンター業界は爆発的発展を遂げ、多数の新企業が次世代の3Dプリンター革命児を自負して業界になだれ込んできた。毎週のように新しい会社が「新しい」機能や「ユニークな」スペックを謳歌し、参入を試みていたのだ。

当然、これらの新鮮な動向は消費者やビジネスバイヤー達の目にとまることとなる。そして新しい製品がローンチするたびに、彼らは3Dプリンターの新しい活用方法、特に工業エンジニアリングとデザインプロトタイピングに関心を寄せた。しかし関心が集まると同時に、無意味なマーケティング材料としての専門用語や無駄に複雑なスペック表の使用も始まった。

そのトレンドの例として、下の図をご覧いただきたい。