疑問を解決します:Form WashとForm Cure


今回は先日発表されたForm Wash , Form Cureについて皆様から頂いたご質問、疑問点にお答えします。 ※原文:https://formlabs.com/blog/form-wash-and-form-cure-questions/

 

従来の光造形方式(SLA)の3Dプリントには、いくつかの面倒がつきものでした。私たちはそれらを解決するためにForm WashとForm Cureを開発しました。日々の3Dプリントで、より期待通りの結果を出し、何度でも繰り返し行え、楽しみながら作業できるようになります。 この記事では、これら2つのマシンについて、疑問に思われているであろう点を詳しくご説明します。Form WashとForm Cureを使った毎日のオペレーションにまつわる小さな疑問にお答えするほか、日頃実践されている3DプリントのワークフローにForm WashとForm Cureを効率的に組み込む方法もご紹介しましょう。これらの製品は今年の秋に発売になりますが、それまでの間、多方面にわたっておすすめの情報をお届けしていく予定です。また、ヘルプセンターでも情報をご案内します。(※日本のお客様もお気軽に問い合わせページからお問い合わせ下さい) Form 2、Form Wash、そしてForm Cureは、互いに連携して効率的なワークフローを実現するようにデザインされています。Form 2でプリントしたものであれば、どんなパーツでもForm WashとForm Cureに入れることができます。プラットフォームが付いたままの状態でForm Washに入れても問題ありません。Form Cureが内部で放射する光は、Form 2で使われているレーザーと同じ波長(405 nm)なので、Formlabsのレジンを二次硬化させるのに最適です。 現在おすすめしている二次硬化の設定値については、この記事のForm Cureのセクションまでスクロールしていただき、解説をご覧ください。 どちらのマシンも最小限のスペースで設置できるようにデザインされました。Form WashとForm Cureの外形寸法はどちらもほぼ同じで、Form Wash上部の蓋がわずか数センチ前後に出ているだけです。設置の際は、どちらのマシンも上側に30cmの空きスペースを確保して、Form Washの外蓋とForm Cureのカバーがきちんと開くようにしてください。

 

サイズ Form Wash 幅 x 奥行き x 高さ: 10.3 in x 11.5 in x 13.4 in (26.2 cm x 29.3 cm x 34.0 cm) 重さ: 14.5 lbs (6.7 kg) Form Cure 幅 x 奥行き x 高さ: 10.3 in x 10.3 in x 13.4 in (26.2 cm x 26.2 cm x 34.0 cm) 重さ: 11.5 lbs (5.2 kg)

 

Form 2、Form Wash、Form Cureの3台のマシンは、互いに連携して効率性の高いワークフローを実現する一方で、特定の使い方にも柔軟に対応できるようになっています。 Form WashとForm Cureによって大部分の後処理は自動化できますが、追加で検討すべきステップがいくつかあり、そのうちいくつかは手作業となります。以下にそれらのステップをご説明します。

 

時間と温度の調整

時間と温度はお好みの値に設定可能です。洗浄と二次硬化の時間と温度について、どの設定値が最適なのか現在研究を進めています。今後おすすめの値を決定し、2017年9月の製品の出荷までにご案内します。現段階でご紹介している設定は幅広い状況で使えるものですが、使い方に応じてカスタマイズした値をセットしたいというご要望があることも承知しています。調査結果によっては、このシステムでFormlabs製以外のレジンの二次硬化やそれに似た仕上げ処理ができる可能性があります。

 

パーツのプラットフォームからの取り外し

パーツは、付属のスクレーパー、リムーバルツール、またはニッパーなどで切り離すことができます。Form Washにかける前でも後でも大丈夫です。事前に取り外した場合は、ウォッシュバスケットの中にパーツを置いて洗浄します。洗浄後に取り外したい場合は、プラットフォームごとForm Washの中に置いてください。 プラットフォームごと洗浄する主なメリットは、よりクリーンにパーツの取り出しができる点です。洗浄が終わったパーツを触ることになるので、ツールがレジンでベタついたりしません。

 

パーツの乾燥

洗浄後はパーツを自然乾燥させてください。二次硬化したり製品として使用したりする前に、イソプロピルアルコール(IPA)を蒸発させるためです。洗浄工程が終わるとパーツはIPAの液面より上に引き揚げられますので、そのままプラットフォームごと、あるいはバスケットの中に置いたままで乾燥できます。Form Washはダブルリッドシステムを採用していますので、乾燥中に外側の蓋が開くと同時に、内側の蓋はしっかり閉じてIPAが蒸発しないように守ります。

 

サポート材の除去

生体適合性が求められる素材は、その認定条件を満たすため、サポート材が完全に付いたままの状態で二次硬化する必要があります。そのほかの素材であれば、二次硬化の前後どちらのタイミングでサポート材を取り外しても構いません。 一般的に私たちは、二次硬化の後でサポート材を除去することをおすすめしています。パーツをマシンの底から一定の高さに保持できますし、パーツの細い部分が歪んでしまうこともある程度防止できます。一方で、サポート材が入り組みすぎている場合には、二次硬化用のレーザーがパーツの表面まで届きません。このような場合には、事前に取り外した方が良いでしょう。複数のパーツを一度に二次硬化したい場合にも、事前にサポート材を取り外しておくのがおすすめです。その方が設置空間を稼ぐことができるからです。

 

ファームウェアアップデート

Form WashとForm Cureは、どちらもUSB経由でファームウェアアップデートを行うことができます。お届けするすべてのマシンについて、ワークフローと使い勝手を継続的に向上できることを意味しますので、これは私たちにとって大変嬉しいことです。

 

Form Washでパーツを洗浄する

 

Form 2に付属するForm 2 Finish Kitは、非常に基本的なキットです。そのため、パーツをIPAに浸してすばやく振り動かしたり、1つ目から2つ目の洗浄液のバケツに移したりといった工程を、手作業で行う必要があります。IPAに浸けたまま忘れてしまったり、長時間過ぎてしまったりすると、パーツは歪んでしまいます。Form Washはこのプロセスを自動化しました。 Finish Kitが保持できるIPAの量は、2つのバケツを合計してもForm Washの量に届きません。Form Washを使わない場合、1段階目のバケツのIPAは飽和して洗浄効果が落ちますので、2段階での洗浄が必須となります。

 

Form Washのしくみは?

プラットフォームが付いたままのパーツを直接Form Washに入れても大丈夫ですし、プラットフォームを外してから製品に付属するウォッシュバスケットに入れても結構です。バスケットまたはプラットフォームはIPAで満たされたバケツ内に引き下げられます。 もしもプラットフォームを1つしかお持ちでなく、すぐに次のプリントを始めたい場合には、洗浄の前にプラットフォームを外しておく方が良いでしょう。バスケットを使った方法は、たくさんのパーツを一度に洗浄したい場合にも有効です。プラットフォームでは一度に1つしか洗浄できませんが、バスケットを使えば、複数のプラットフォームを使うことなく2つ以上のパーツを一度に洗浄できます。 Form Washは羽根車でIPAを撹拌し、パーツの周囲に水流を作ります。この羽根車はウォッシュバスケットの底にマグネットで留められていますので、IPAが漏れて電子回路に影響することはありません。さらに火花が飛ばないようにするため、すべてのモーターにブラシレスモーターを採用しています。 洗浄が完了すると、Form WashはバスケットとプラットフォームをIPAから引き揚げます。そのまま放置しておけばパーツを乾燥させることができますし、滴り落ちたIPAはウォッシュユニットに回収されます。パーツを取り出して、どこか別の場所で乾燥させても問題ありません。 ウォッシュサイクルの完了時、パーツはIPAから引き揚げられます。プラットフォームに付いた状態かバスケットに入った状態かを問わず、そのまま置くだけでパーツを乾燥させることができます。

 

IPAについての注意事項