Formlabs フォームラブズ 3dプリンター

​Fuse Sift

​後処理機能オールインワン、
「Fuse 1」専用パウダー回収ステーション

SLS方式3Dプリンター「Fuse 1」の専用後処理機。

パーツの抽出、パウダーのふるい、保管やミキシングなど

仕上げの工程をオールインワンで行います。

▷「​Fuse 1」の製品説明はこちら

Fuse & Sift people.jpg

​SLS方式3Dプリンター「Fuse 1」の最高のパートナー

「Fuse Sift」は「Fuse 1」専用の安全かつ効率的なパウダー回収ステーションです。

部品の抽出、粉末回収、保管、ミキシングなどの後処理に必要な工程を

直感的なタッチスクリーンを使い、ワンクリックで行えます。

​「Fuse 1」と互換性が高く、「Fuse Sift」を活用することにより、連続造形を可能にします。

​-「Fuse 1」「Fuse Sift」を知る-

​コンパクト、なのに強力

内蔵されている陰圧システムが、粉塵の飛び散りを防ぎます。

これまで扱いが難しいとされてきたパウダー材料を

安全に取り扱うことが可能です。

​環境に優しい、パウダー再生

ほとんどのシステムでは、プリントの品質を保つためにわずか数サイクルでパウダーを捨てなければいけません。

しかし「Nylon 12 Powder」と「Nylon 11 Powder」ではリフレッシュ率(新しいパウダーが必要な最小比率)が30%〜50%となっており、材料を無駄にせず環境に配慮された材料となっています。

「Fuse Sift」では安定した、リサイクルパウダーと未使用パウダーを

自動的にミキシングしてくれます。

165mm × 165mm × 300mm

​※バキュームは別売りになります

​複数のビルドチャンバーで連続プリントが可能に

「Fuse 1」には「Fuse Sift」と互換性があるビルドチャンバーが搭載されており、簡単に相互への取り外し取り付けが可能です。

これにより、複数のビルドチャンバーの所有で連続プリントを可能にします。

​また、業界トップクラスのクールダウン時間により、前回のプリントから1〜2時間で造形開始を可能にします。

​-「Fuse 1」「Fuse Sift」デモ動画(英語)-

​Fuse Sift 詳細仕様

​プリンタの互換性

​Fuse 1

​寸法

(W x D x H)

101.5 x 61 x 154.5 cm(開いた時の高さ:190cm)​

​重量

93Kg

(ビルドチャンバーとパウダーを除く)​

​最小アクセス寸法

(W x D x H)

221.1 x 122 x 218 cm

​運転環境

18°C-26°C(周囲湿度30%以下)​

​所要電力

​JP:100VAC,15A(専用回路)

​接続方法

Wi-Fi(2.4GHz)​

イーサネット(1000Mbit)

USB.2.0

​真空要件

接地ならびに接合されている静的消音部品入りの代替真空装置(例:NFPA 652 に準拠する真空装置)

​空気濾過技術

​交換可能なHEPAフィルタ

​放出音

76.5dB(A)を超えない​

Formlabs 3Dプリンター Form 3 Form3 フォームスリー
Formlabs 3Dプリンター Form 3L Form3L フォームスリーエル
Formlabs 3Dプリンター Form 3B Form3B Form 3BL Form3BL フォームスリービー
Formlabs 3Dプリンター Fuse 1 Fuse Sift Fuse1 Fusesift