【新製品】「Tough 1500 Resin」繰り返しの曲げに強い新レジン登場


いつもご利用ありがとうございます。

YOKOITO Formlabs Shopを運営する、株式会社YOKOITOです。

Formlabsは2020年2月、新たな素材である、「Tough 1500 Resin」を発表しました。


今回リリースされたTough 1500 Resin(タフ1500レジン)は、従来よりエンジニアリンググレードの素材特性を有するレジンとして提供されていた「タフレジン」、「デュラブルレジン」と並ぶ、新たなバリエーションとして発売されます。

こちらは、Form 2、Form 3共通でご利用可能です。

※Form 2でのご利用にはレジンタンクLTをご用意ください。


"Tough 1500 Resinの「1500」は、MPaで表される引張弾性率のことです。これは、ToughおよびDurable Resinファミリーの材料を選択する際、考慮すべき重要な特性の1つです。引張試験におけるタフ1500レジンの耐久性と強度を以下に示します。bit.ly/2So6Wbt "

— ツイートより翻訳



デュラブルほど伸びはありませんが、タフより割れにくいこのレジンは、繰り返しの曲げに強く、復元力が高いのも特徴です。






Formlabsレジンと、熱可逆性プラスティックの引張係数比較表






「タフレジン」・「タフ1500レジン」・「デュラブルレジン」それぞれの特性と選択に関して


タフレジン Tough Resin

3種の中で、もっとも強度と硬度が高いのがタフレジンです。簡単に曲がらず、強くて頑丈な試作品のプロトタイピングに向いています。


 <こんなときにおすすめ>

  • 強くて堅いプロトタイプに

  • たわみを最小限に抑える必要がある治具や固定具に

  • ABS並みの強度と堅さが必要な時に


|テクニカルデータ

タフは強度も弾性係数も高いため、タフ1500やデュラブルよりも応力が高く、負荷がかかっても変形しにくい特性があります。応力限界まで達すると、タフでプリントしたパーツは、若干曲げることができますが、応力限界を超えた段階で割れてしまいます。



タフ1500レジン Tough 1500 Resin

3種の中で、最も復元力があるのがタフ1500レジンです。プリントしたパーツは堅くしなやかで、繰り返し負荷がかかった時、その荷重に合わせて曲がった後、すぐに元に戻る復元力があります。


 <こんなときにおすすめ>

  • 繰り返し曲げられ、すぐに元に戻る必要があるパーツに

  • 繰り返したわむ必要のある治具や固定具などに

  • ポリプロピレン(PP)並みの強度と堅さが必要な時に

|テクニカルデータ

伸び率が高く、弾性係数が中程度のタフ1500は、曲がるものの元の状態への復元力が高くなければならないパーツをプリントする時の素材として最適です。応力限界まで達すると、応力限界を超えた段階で永久的に変形し、最終的に割れてしまいますが、そこに至るまでの間、かなり高い負荷に耐えられます。


デュラブルレジン Durable Resin

3種の中で、最も柔軟性、耐衝撃性に優れ、より滑らかなのが、デュラブルレジンです。磨損しにくく、押しつぶすことができるプラスチックの部品や、低摩擦の部品をプリントする時の素材として最適です。


 <こんなときにおすすめ>

  • 押しつぶすことができるプロトタイプや低摩擦が望ましい部品に

  • 繰り返し磨耗しても劣化しない表面が望ましい部品に

  • かなりの衝撃を受ける治具や固定具に

  • HD/LDポリエチレン(PE)並みの強度と堅さが必要な時に

|テクニカルデータ

伸び率が高く、弾性係数が低いデュラブルは、負荷が掛かると、タフやタフ1500よりは比較的簡単にかなり変形します。応力限界まで達すると、デュラブルでプリントしたパーツは、限界を超えた段階で永久に変形し、最終的に割れてしまいますが、そこに至るまでの間、かなり高い負荷に耐えられます。





「タフ1500レジン」のご予約はWEBショップから



商品名:タフ1500レジン(Tough 1500 Resin)

価格:¥21,800(税別)

納期:3月出荷開始予定(ご予約順に発送)

使用可能機器:Formlabs Form 2 / Formlabs Form 3



#formlabs #新素材 #レジン紹介 #消耗品 #Form3 #Form3L #タフ #タフ1500 #tough1500 #新製品