top of page

【無料公開】10万円以下の格安光造形3Dプリンタの隠れたコストとは|ホワイトペーパーのご案内



最近、さまざまなオンラインストアで販売されている5万から10万円程度の手ごろな価格の光造形3Dプリンターが注目されています。


3Dプリンターを選ぶ際、単に「何ができるか」だけでなく、リソースや生産性を最適化し、導入からランニングコストまで全体のコストを把握することが重要です。


Formlabs社から、低価格な3DプリンターとFormlabsのSLA光造形3Dプリンター「Form 3+」を比較し、「隠れたコスト」についての調査結果が公開されました。詳細な情報はFormlabs Shopで無料で提供しています。


このブログでは、資料内の冒頭を紹介し、最後にダウンロードフォームを添付しますので、必要な情報を入力して、自由にダウンロードしていただけます。

ぜひ3Dプリンターの選定時にご活用ください。



 

資料冒頭立ち読み▼



光造形3Dプリントは、高い造形品質とコスト効率でラピッドプロトタイピング、ラピッドツーリング、受注生産などを実現する、既に確立された技術です。格安3Dプリンタの価格は、わずか4万~10万円と、Form 3+の331,000円(消耗品を含めたBasic Package)に比べると大幅に安くなっていますが、Formlabsの行なったコスト分析では、企業が月に平均6点の造形を行う場合、以下のような差が出ることがわかりました。


これは、Formlabs製品には以下の表にあるような、様々な利点によるものです。




本レポートでは、これら利点の詳細だけでなく、Formlabsプリンタと格安3Dプリンタの技術的な違い、そして本来は家庭用である格安プリンタを業務に導入することでイノベーションや企業の成長にどのようなリスクがあるのかを詳しく解説します。



 

続きは以下「続きを読む」ボタンより、資料を無料でダウンロードいただけます!

ぜひご利用ください。



※ホワイトペーパーダウンロードフォームへ移動します

コメント


formlabs Form 3+ 3Dプリンター 光造形
formlabs Form 3L 3Dプリンター 光造形
formlabs Form 3B+  Form 3BL 3Dプリンター 光造形
formlabs Fuse 1 Fuse Sift SLS方式 3Dプリンター
スクリーンショット 2022-07-11 18.13.22.png
bottom of page