top of page

製品開発用ラピッドプロトタイピ ングのガイド|ホワイトペーパーのご案内




本ガイドでは、製品開発工程にラピッドプロトタイピングをいかに組み込み、この手法をどのような用途で 活用し、どんな種類のラピッドプロトタイピング用ツールが入手可能で、製品開発チームの間でよく利用さ れているかについて学ぶことができます。



 

資料冒頭立ち読み▼



はじめに


プロトタイピングは、製品開発には不可欠な工程ですが、これまではボトルネックになることがしばしばあ りました。


プロダクトデザイナーやエンジニアは、簡易的な概念実証用のモデルを作成する時は基本的なツールだ けで事足りますが、機能性確認用のプロトタイプや生産品質確認用のパーツを製作する時はたいてい最 終製品を製造する時と同じ工程で作業する必要があります。射出成形などの従来の製法は、機械加工やセ ットアップ費が高額なため、少量しか生産する必要がないカスタム仕様のプロトタイプの製作には法外な コストが掛かってしまいます。


そのため、多くの企業は、発案したアイデアをいち早く概念実証用のモデルに現実化し、そこから更に最終 製品と同じように見えて機能する高度なプロトタイプを製作し、いくつかの検証段階を経ながら大量生産 に向けた準備を進めることができるラピッドプロトタイピングを有効な手法として採用しています。


ラピッドプロトタイピングを採り入れたプロダクトデザイナーやエンジニアは、これまでよりも早くCADデー タから直接プロトタイプを製作し、現実世界の環境条件で


 

続きは以下「続きを読む」ボタンより、資料を無料でダウンロードいただけます!

ぜひご利用ください。



※Formlabs社のホワイトペーパーダウンロードフォームへ移動します

Comentarios


formlabs Form 3+ 3Dプリンター 光造形
formlabs Form 3L 3Dプリンター 光造形
formlabs Form 3B+  Form 3BL 3Dプリンター 光造形
formlabs Fuse 1 Fuse Sift SLS方式 3Dプリンター
スクリーンショット 2022-07-11 18.13.22.png
bottom of page