top of page

3Dプリント製パターンを用いたジュエリー鋳造の概要|ホワイトペーパーのご案内




デジタル製作技術がジュエリービジネスを成功させる鍵を握るようになった現在に向けて、本書ではFormlabsプリンタを活用して製作した精細な宝飾品の鋳造方法をご紹介します。



 

資料冒頭立ち読み▼



イントロダクション

ジュエラーの仕事に変革の時が訪れています。ロストワックス鋳造に対応する3Dプリント用材料の登場がその変革を加速していると言えるでしょう。独立系デザイナーがコンセプトの考案から試作までを自身のスタジオで行えるようになったのです。鋳造所では生産能力が向上し、製作品目の多様化が進んでいます。デジタル製作技術がジュエリービジネスを成功させる鍵を握るようになってきました今、本書ではFormlabs製3Dプリンタで精細なデザインをもつジュエリーの鋳造方法についてご説明します。


Contents

  1. ダイレクトインベストメント鋳造とは?

  2. 鋳造用の設計

  3. 鋳造用パーツのプリントと準備

  4. スプルーツリーを作る

  5. 鋳型を準備する

  6. バーンアウトと鋳造

  7. バーンアウトスケジュール

  8. 鋳造に関するトラブルシューティング

ダイレクトインベストメント鋳造とは?

ダイレクトインベストメント鋳造は、幅広い種類の金属で大小のパーツを製造する時によく用いられる金型製造法の一つで、ワックスを使用する場合には、ロストワックス鋳造とも呼ばれています。5,000年以上前に生まれた鋳造という技術は、金属部品を製造する最も容易な方法として知られ、製作者に幅広い種類の素材を使って製作する自由を与えています。



 

続きは以下「続きを読む」ボタンより、資料を無料でダウンロードいただけます!

ぜひご利用ください。



※Formlabs社のホワイトペーパーダウンロードフォームへ移動します

Comments


formlabs Form 3+ 3Dプリンター 光造形
formlabs Form 3L 3Dプリンター 光造形
formlabs Form 3B+  Form 3BL 3Dプリンター 光造形
formlabs Fuse 1 Fuse Sift SLS方式 3Dプリンター
スクリーンショット 2022-07-11 18.13.22.png
bottom of page