top of page

大容量3Dプリンタが必要となるケースとは|ホワイトペーパーのご案内




本技術資料では、大判3Dプリントの重要性、そしてForm 3Lによる大判3Dプリントの内製化について、外注やFDMプリンタによる生産を 中心とした他の方法と比較して、どのような違いがあるかを見ていきます。




 

資料冒頭立ち読み▼



イントロダクション


アディティブ・マニュファクチャリング(AM)の需要が高まるにつれ、デスクトップ型3Dプリンタのビルド容積を超える積層造形が必要になるケースが増えてきています。熱溶解積層(FDM)や光造形(SLA)方式の小型プリンタに用意されているビルド容積よりも大きな造形物を製作する必要が出た場合、これまではいくつかの決まったオプションでしか対応できませんでした。


1. サービスビューローに製作を外注する。


2. 社内にある小型プリンタで小さな構成部品を別々に造形して、後で組み立てる。


3. 部品全体を一回で造形できるようにするために、大型のFDM装置にアップグレードする。


従来の工業用3Dプリンタの数分の一の費用で、これまでよりも大きなサイズの造形に対応できるように開発されたForm 3Lの登場により、それまでの3Dプリントの常識が根本から覆されました。Form 3Lは、プロフェッショナルやビジネスが求める部品の品質と使いやすさを維持しながら、より幅広い部品サイズの造形や高いスループットを実現する汎用性をユーザーに提供します。本レポートでは、Form 3Lへの投資について、上記の一般的な3つの選択肢と比較します。


3Dプリントの内製化と外部委託の比較

外部委託を選択する主な理由は、製品に含まれる多数の部品を生産するために種類の違う機械を複数購入する場合、多額の投資と専用の設置場所、そして機械を操作するための専門知識が必要になることが多いからです。そのような多数の部品を含む大きな製品の製作する場合、外部にすべての製造工程を委託し、完成した製品を自社に納品してもらうようにすれば、設備の購入資金、設置場所や機械操作の専門知識も準備せずに済みます。とは言え、3Dプリントの内製化には、サービスビューローに外部委託するよりも大きなメリットが複数あります。


ここでは、大判の3Dプリントを内製化する主なメリットを3つ取り上げます:


• 長期的なコスト削減が図れます。


• 試作段階の反復検証を加速させ、イノベーションを促進できます。


• サプライチェーンの寸断問題に対処し、ビジネスをその悪影響から守ることができます。


 

続きは以下「続きを読む」ボタンより、資料を無料でダウンロードいただけます!

ぜひご利用ください。



※Formlabs社のホワイトペーパーダウンロードフォームへ移動します

Comentários


formlabs Form 3+ 3Dプリンター 光造形
formlabs Form 3L 3Dプリンター 光造形
formlabs Form 3B+  Form 3BL 3Dプリンター 光造形
formlabs Fuse 1 Fuse Sift SLS方式 3Dプリンター
スクリーンショット 2022-07-11 18.13.22.png
bottom of page