top of page

3Dプリントで金型製作を高速化:ラピッドツーリング総合ガイド|ホワイトペーパーのご案内




本ホワイトペーパーでは、実際の事例を交えて射出成形、熱成形、鋳造等の成形にどのように3Dプリントを活用し、高速化・低コスト化が図れるのか、強度や耐熱性に優れたFormlabsのSLA光造形を中心に解説いたします。



 

資料冒頭立ち読み▼



はじめに


射出成形、熱成形や鋳造等、広く活用されている従来型製造法での製品生産は、多くの場合それ専用の金型や治具等が必要です。

しかし、こうした金型製作には高額のコストが必要で、外注で製作する場合は納品までの期間に数週間から数ヵ月を要することも多くあります。

その結果、製品開発のスピードが鈍り、製品の市場投入までに長い期間を要してしまいます。



Contents

  1. はじめに

  2. ラピッドツーリングとは?

  3. ラピッドツーリングの用途

  4. ラピッドツーリングでの金型製作方法

  5. 3Dプリントによるラピッドツーリング活用法


 

続きは以下「続きを読む」ボタンより、資料を無料でダウンロードいただけます!

ぜひご利用ください。



※Formlabs社のホワイトペーパーダウンロードフォームへ移動します

Comments


formlabs Form 3+ 3Dプリンター 光造形
formlabs Form 3L 3Dプリンター 光造形
formlabs Form 3B+  Form 3BL 3Dプリンター 光造形
formlabs Fuse 1 Fuse Sift SLS方式 3Dプリンター
スクリーンショット 2022-07-11 18.13.22.png
bottom of page