Formlabsは新方式 LFSを採用した3Dプリンター “Form3” ”Form3L” を発表


米国マサチューセッツ州ボストンの3Dプリンタ企業 Formlabs社 は、小型デスクトップ光造形機のデファクトスタンダートと言えるForm2の後継機である『Form3』を発表しました。合わせて造形可能体積を5倍にした大型版となる『Form3L』を同時に発表しました。

Form3,Form3Lはともに画期的な光造形テクノロジーである "LFS 方式"を採用しており、より優れ、安定した造形品質、高い信頼性を実現しています。

YOKOITOは発表の行われているドイツ ハーノーバーメッセ現地に取材に来ております。引き続き詳細記事を更新いたします。

 

特徴

  • 一新されたLFS(Low Force Stereolithography)プリンタエンジンにより、世界で最も優れたSLAパーツ造形。

  • 高い再現性と造形再現性

  • 完璧で美しいく滑らかな造形物表面の実現

  • 簡単に除去できるサポート材

  • ユーザー体験の改善のための機能改善

  • 2ダース以上の総合的センサー

  • ソフトウェアの改善により、起こり得るユーザーエラーを軽減