Formlabsは新方式 LFSを採用した3Dプリンター “Form3” ”Form3L” を発表


米国マサチューセッツ州ボストンの3Dプリンタ企業 Formlabs社 は、小型デスクトップ光造形機のデファクトスタンダートと言えるForm2の後継機である『Form3』を発表しました。合わせて造形可能体積を5倍にした大型版となる『Form3L』を同時に発表しました。

Form3,Form3Lはともに画期的な光造形テクノロジーである "LFS 方式"を採用しており、より優れ、安定した造形品質、高い信頼性を実現しています。

YOKOITOは発表の行われているドイツ ハーノーバーメッセ現地に取材に来ております。引き続き詳細記事を更新いたします。

特徴

  • 一新されたLFS(Low Force Stereolithography)プリンタエンジンにより、世界で最も優れたSLAパーツ造形。

  • 高い再現性と造形再現性

  • 完璧で美しいく滑らかな造形物表面の実現

  • 簡単に除去できるサポート材

  • ユーザー体験の改善のための機能改善

  • 2ダース以上の総合的センサー

  • ソフトウェアの改善により、起こり得るユーザーエラーを軽減

  • 大きな造形物に合わせた新しい造形プロセス

仕様早見表

Form3 詳細仕様

レーザー出力:250 mWレーザー × 1

レジン供給方法:自動

本体サイズ(W × D × H):40.5 × 37.5 × 53.0 cm

重量:17.5kg

Form3L 詳細仕様

レーザー出力:250 mWレーザー × 2

レジン供給方法:自動

本体サイズ(W × D × H):77.5 × 52.0 × 73.5 cm

重量:48kg

ギャラリー

LFSテクノロジーについてなどの詳細を、引き続き更新してまいります。

この機会にぜひYOKOITOのTwitterのフォローFacebookページのフォローメルマガへの登録をお願いいたします。

9月中旬予約開始!ご予約ご注文はこちらから

Form3 スペシャルサイト

#新製品 #Form3 #Form3L #formlabs