top of page

3Dプリントした金型でシリコン製パーツを生産|ホワイトペーパーのご案内




本技術資料では、2パーツ射出成形、オーバーモールド、圧縮成形、卵殻の金型を紹介し、シリコン製パーツ生産用の3Dプリント金型についての概要を解説します。




 

資料冒頭立ち読み▼



イントロダクション


ソフトなゴム状のパーツは、カスタム化した補聴器からエンタテインメント用の小道具、義肢装具、生活用品の取っ手やグリップまで、多業界に渡って様々な用途に使われます。デザイナーたちは、SLA方式3Dプリントした金型と、ハードウェアショップ、アートやジュエリー卸売店、その他の一般的な卸売業者などから簡単に入手できるシリコンゴムを使うことで、頑丈で、曲げやすく、伸縮性のある本物のシリコン製パーツを具現化することができます。


シリコンは、ソフトな実製品パーツの製造用、また硬い材料の鋳造に使う柔らかい金型の生産用として人気の高い材料です。実際、シリコン「金型と鋳造」という用語は、シリコンゴムを用いたあらゆる製法に言及するのに広く使われています。「シリコン製金型製造」と「シリコン製パーツ生産」という2つのプロセスの違いを説明します。



5つの項目:

1. 用途に適したシリコンの選定


2. オーバーモールドを用いたハードウェアの包み込みの工程


3. 3Dプリントによる金型設計に不可欠なベストプラクティス


4. シリコンレジンの適合性へのヒント


5. プロトタイプ用金型と生産用金型の主な違い



 

続きは以下「続きを読む」ボタンより、資料を無料でダウンロードいただけます!

ぜひご利用ください。



※Formlabs社のホワイトペーパーダウンロードフォームへ移動します

Commenti


formlabs Form 3+ 3Dプリンター 光造形
formlabs Form 3L 3Dプリンター 光造形
formlabs Form 3B+  Form 3BL 3Dプリンター 光造形
formlabs Fuse 1 Fuse Sift SLS方式 3Dプリンター
スクリーンショット 2022-07-11 18.13.22.png
bottom of page