大型光造形3Dプリンタ「Form 3L」でできること【活用場面・使える材料・必要なものなど完全網羅】



こんにちは、YOKOITO Formlabs Shopを運営する株式会社YOKOITOです。


今回はアメリカの3DプリンタメーカーFormlabs社の大型光造形3Dプリンタ「Form 3L」「Form 3BL」をご紹介します。


以前ご紹介したForm 3+と比べると5倍のビルドボリュームを持つForm 3L。

“Form 3+の大型版”と言ってもよい程、精度はForm 3+と変わりません。


一体どんな3Dプリンタなのか。


今回の記事ではForm 3Lの性能や使える材料、作業効率がよくなる後処理機や初期導入に必要なもののご紹介をはじめ、

どんな場面でForm 3Lが使えるのか、活用方法も合わせてご紹介します。


大型の3Dプリンタの導入をご検討中の方や、興味のある方はもちろん、

どんな場面で使えるのか知りたい方など、ご参考いただけたら幸いです。




Form 3+の精度のまま大きくなった光造形3Dプリンタ、「Form 3L」とは?


2019年に世界最大の産業見本市"HANNOVER MESSE"およびアメリカの"AMUG"にてForm 3(Form 3+の前世代機)と共にForm 3Lが発表されました。

(発表当時の様子はこちら


日本では2021年より販売が開始されています。


ここではForm 3Lがどんな技術を持っているのかご紹介します。




大きいものが造形できる!Form 3+の5倍のビルドボリューム


ビルドボリュームは造形範囲ともいい、その名の通り造形できる範囲のことを言います。


Form 3LはForm 3+に比べると5倍のビルドボリュームを持ち、Form 3+では難しい大きなサイズも造形が可能です。


Form 3Lでの最大造形サイズ

200mm x 335mm x 300mm

Form 3+での最大造形サイズ

145mm x 145mm x 185mm


参考までに、対角上に造形した場合、人間の肘下のサイズも造形できます。

▲こちらは1/1の肘下のサイズです



造形スピードも精度も、2倍のレーザーパワーで両立


最初に、”Form 3+の大型版”と言いましたが、造形範囲が広くなった分スピードや精度が落ちてしまわないかと心配ですよね。